スタンド看板のデザインで気をつけること

CHOICES

スタンド看板を設置するために

雨の日も利用可能 スタンド看板にもさまざまな種類がありますが、その中には木製のものがあります。この…

MORE...

スタンド看板のデザインで気をつけること

電気代も軽減 スタンド看板は、効果的な宣伝のためには、とても役立つアイテムです。ただし、一口にスタ…

MORE...

スタンド看板の制作で集客アップ

目的に合わせたスタンド看板 お店の前にスタンド看板があると、その内容に誘われて店内に足を運ぶことは…

MORE...

CATEGORY

POST LIST

2017年09月19日
スタンド看板を設置するためにを更新。
2017年09月19日
スタンド看板のデザインで気をつけることを更新。
2017年09月19日
スタンド看板の制作で集客アップを更新。
2017年09月19日
スタンド看板制作のメリットを更新。

電気代も軽減

スタンド看板は、効果的な宣伝のためには、とても役立つアイテムです。ただし、一口にスタンド看板と言っても種類によって特徴があるので、使うときは最も効果的なものを選ぶ必要があります。では、主なスタンド看板の種類をいくつか紹介しましょう。
まず、「A型看板」ですが、これは横から見た形がAに見えることからつけられた名前です。普通は両面に広告を掲載できますが、ものによっては片面だけになっていたりします。このタイプは基本的に固定するもので、移動の面では少し不便ですが、目立つのでよく使用されています。また、外で使う際は防水のためにラミネート加工をする場合が多いです。
次に「バナースタンド」ですが、これも固定するタイプのスタンド看板です。大きな特徴は、足の部分がほぼ見えない作りになっているため広告を貼るスペースが広いという点です。このため、遠くからでもよく見ることができ、宣伝効果が高まります。
そして、「電飾看板」は蛍光灯やLEDを使用した光るスタンド看板です。夜に設置するならこのタイプがおすすめです。電飾看板には、電気代や交換の手間など他のタイプより面倒な部分もありますが、LEDを選択すればかなり軽減できるでしょう。また、電飾看板はキャスター付きで移動させやすいものが多いです。

色の統一感

スタンド看板は、宣伝に高い効果を発揮しますが、それにはデザインが重要なポイントとなります。デザインが適切なものでなければ、スタンド看板の効果を引き出すことはできません。
まず、多くの人に読んでもらうためには読みやすいデザインを意識して制作してください。そのためには、文字の大きさと間隔に注意する必要があります。細かい文字でびっしりと情報が書かれた看板は、とても読みづらく内容を伝えることができません。特に、年配の方を想定した場合には、なるべく大きな文字で、適度な間隔を空けて制作することが必要不可欠です。
また、間隔を空けるには情報の要約も重要です。無駄な情報を省き、本当に伝えたいことだけをデザインに盛り込めば、すっきりとした読みやすいスタンド看板になるでしょう。さらに、色の使い方にも要注意です。看板全体の色を統一するのはよいですが、文字と背景の色が似すぎてしまうと、とても見づらいものになってしまいます。そのため、背景と文字には色の濃さや明暗を意識してなるべく差をつけて制作するようにしましょう。最も重要な部分を強調できるような配色であれば、より人目につきやすくなります。また、屋外で使う場合は、どうしても色あせが起きてしまうので、定期的に新調するのもおすすめです。

RECOMMENDED ARTICLE